www.joinunquoted.com
自動車事故は、自分だけの事故と別の人が巻き添えになった自動車事故があります。自分自身だけの事故の時には、あなただけで事故対応をするだけで完了しますが、自分以外が関与した自動車事故はどちらにどのくらい過失があったのかを調べてその状況によって故障した車の修理費や和解のお金等が決められますので自動車の保険会社の担当の人と一緒の協議が欠かせません。大多数の自動車事故の場合、お互いに多少なりとも手落ちがある時が普通で片方だけの間違いを言及する場面は少ないようです。言うまでも無く信号無視や一時停止無視等は大きな責任になりますが、被害者側にも注意不足があると言われます。車の事故の際には誰の責任が原因で起きたのかという判断がポイントにされるのでこの判断をみんなに分かりやすく伝えるのが過失割合です。仮定として、先ほど述べた信号が赤でも進んでしまったり一時停止を無視した条件であるならば交通法のルール上事故を起こした人に全ての落ち度があるように見えますが、その車が被害者の前方から近づいてきて正面を見て確かめられるケースでは被害者側も注意不足があるとして1割りぐらいのミスが指摘される場合もあります。この条件では事故を起こした方が9割、事故に巻き込まれた自分が1割過失割合となって割合が大きいとそれに応じた責任が問われる事になります。自動車事故の過失の割合それ以前の車の事故の判例をものさしとして結論をだされる状況が大いにあり、日弁連交通事故相談センターから公表されている基準のようなものが目安として利用されます。このような過失割合で、割合が大きければ手違い、結論として賠償金も大きくなってしまうので、交渉は当事者だけでなく保険の担当者を加えてちゃんと交渉することが大事です。